南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2009年 10月 16日 (金)
テーマ : つぶやき - ジャンル : 福祉・ボランティア
静寂な街の静寂な夜

今日は彼岸ということで祖母と母を車に乗せ先祖の墓参りに行った。
先祖の墓参りの帰り、地元の知り合いのそば屋で食事をする事になった。弟と同級生のお店で母とおかみさんは良く小学校の時から付き合いのあるお店だった。

おかみさんと母の世間話は弾み、どことどこの誰それがどこに行っただの、やれ就職して九州に飛ばされただの、まだ結婚もしないだの、あの子は結婚しただのと話をしていた。

足の悪い祖母は88歳になる。それでもまだボケでいなく元気でいてくれている。明日は敬老の日なので、少ないながら近所のデパートの商品券を渡して「これで好きなものでも食いんさい」と言うとこんなモノ貰ったのは、初めてだと(初めてではないのだが)言ってくれた。

そして、車で帰宅し仮眠をとった。
その後、買い物がてらネットカフェに行こうと街へ出かけることにした。街へ出ると、もう既に秋の涼しさが感じられた。
夕方で日も短くなったからか、連休のせいか街は静けさでいっぱいであった。人手はまばらで、電車は少し遅れていた。

静かな街の駅のバスターミナルを見て、この連休は皆、ふるさとへでも帰ったのだろうか・・・とそんな事を考えていた。連休のせいか、休日なのにとても街は静かだった。静寂の秋を感じるにはまだ早いと思ったが、嗚呼、これが秋の夜風かと感じてしまう程だった。

くだらない本の買い物をして、ネットカフェに入った。
休日や気分転換したいときはネットカフェに限る。
そして、原稿を書くのもネットカフェに限る。
ネットカフェだと、やることが限られてくるのと時間が決まっていること、パソコンと向かいあうと家では雑念ばかり多いのだが、ネットカフェでは何故かそれがない。うまくまとまるし、まとまらない時は飲み放題のドリンクや漫画で気分を変える。

いつの頃からか、気分転換と原稿を追い込み書く時はネカフェというのが、僕の定番になってしまった。ネットカフェをラブホ代わりに使うバカップルはいないかなと隣に耳を澄ませば、50代の親父さんが漫画を読みながら独りで「くっく・・・」笑いをこらえているのが聴こえた。まぁ、ネカフェの隣でアンアンされてたらそれはそれで困る訳だが。

帰り、店から出て街を見渡すとほとんど人がいない。
静寂な街、そのものだった。
人の数よりタクシーの台数の方が多かった。静寂の夜の街は、いつもとは違い音がなかった。通常だと、店の呼び込みの「いらっしゃいませー」だとか「携帯はsoftbank!!」だとか広告の音や人の話し声が聞こえるが今夜の街にはそれがなかった。路上で歌う若者の声もなければ、携帯で話す女子高生もいない。帰宅するサラリーマンの姿もなく、静寂な街を見渡していた。もう秋だなと思った。気がつけば、夏は終わり秋になり季節はすぐに移り変わる・・肌寒い風がそんな静寂の街に吹いていた。

皆、帰るべきところに帰っているのかなぁ・・・。
世間ではシルバーウィークと呼ばれているらしい。
明日は寿司をとるそうだ。いつまでも、今の静かな普段の日常が日常であり続けてほしいと願った。時の流れはときに残酷だなと思うが、人はその中で生きているものなのだ。
2009020【南瑠衣】
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。