南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2009年 12月 02日 (水)
テーマ : つぶやき - ジャンル : 福祉・ボランティア
【ニュース】平山郁夫が死んだ!!『死んだから、絵の値段が上がるね』

母から聞いて、耳を疑った。
『今日、平山郁夫が亡くなったって。テレビつけてみて』

家では見ないテレビをつけるとマジ、ニュースになってた。
平山郁夫が死んだ?!!!
平山郁夫氏のアトリエは鎌倉にあって、何度か連れて行かれたことがある。鎌倉学園のすぐ裏にあって野球の球が飛んできただけで、うるさい!!と怒鳴るような人で、なんでこんな人が日本芸術界の巨匠なのか理解に苦しんだ。作品のどこに、そんな人間性が出ているかなぁーと個人的には平山郁夫さんの作品は好きではなかった。

日本画家というが、個人的には新しい独特な手法で日本画をゆらっとさせてぼやかした感じの作品で日本画家というわりに、日本じゃない場所を描くひとだなぁと思っていた。

うーん。本葬に行くか迷う。
最近の芸大は大変だなぁ。

先週は、芸大先端芸術家の教授が亡くなったばかりだし、
日本美術界もどんどん死んでいくんだなぁと。

不謹慎だが、母と一緒に交わした最初の発想が同じで
『死んだから、絵の値段が上がるね』と。
ご自宅に尋ねるのもアレなので、まぁ、死んで本望でしょう。
死んで値段の上がる画家なんですから。死んでも値段のつかない画家だっていくらだっているんだし。

同日、妹の友人のパテシエの父が亡くなったそうだ。
クリスマスケーキを毎年楽しみにしていて今年もと思った矢先だ。
いつも、ケーキ屋さんの奥は遅くまで明かりがついていて、ケーキを作っていたんだろう。56歳という若さだったそうで、妹の友人もケーキ屋の娘でフランスで修行して父の手伝いをしていただけに可哀想というか残念でならない。

どうか、同じ鎌倉の養老たけし先生は、まだ死なないで欲しい。

しかし、思うのです。

命なんて、そんなものだと。
運命なんて、そんなものだと。
星屑の瞬きようなものなんです、きっと。

【南瑠衣】
------------
 平山郁夫さん(79)の神奈川県鎌倉市二階堂にある自宅には、近所の人や花束を持ったファンらが次々と訪れ、悲しみに暮れた。

 近所に住む無職の男性(72)は「地元のシンボルのような人だった。最近は背中が丸くなったと思っていた。亡くなったと聞いてとても残念。もっともっと活躍してほしかった」と肩を落とした。

 横浜市からきた女性(60)は「昨年のちょうどこの時期、平山先生を見かけたときは元気そうだった。亡くなったと聞いて涙が出そう」と声を詰まらせた。

 平山さんの自宅に隣接する「平山郁夫シルクロード美術館事務局」の入り口には死去の知らせが張り出された。事務局を訪れたイラストレーターの男性(53)は「平山先生の本を読んで、一度来てみたかった。張り紙を見てびっくりした」と驚きを隠せない様子だった。

     ◇

 平山郁夫シルクロード美術館の後藤多聞顧問(65)によると、平山さんは5月までは山梨県でスケッチ教室を開くなど元気だったが、6月に持病の脳梗塞が再発し、入退院を繰り返し、10月下旬から入院していたという。

 平山さんの遺体は2日夕、病院から自宅近くのアトリエに運ばれ、家族とのお別れをしたあとに都内の教会に向った。同日夜、家族のみでの密葬が行われ、4日午後に礼拝が行われる。喪主は美知子夫人が務める。後日、日本美術院が本葬を行う予定。

http://sankei.jp.msn.com/culture/arts/091202/art0912022042012-n1.htm
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。