南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2008年 03月 09日 (日)
テーマ : つぶやき - ジャンル : 福祉・ボランティア
ハテ?中沢新一さんって誰だっけ・・??結構有名な人だよね。
なぜか、僕の頭の中の区分けでは「山田玲司」先生のカテゴリーに区分けされているんだが、思い出せない。う~ん。 というわけで、東京都現代美術館では川俣正展と岡本太郎展が開会中です。「芸術は爆発だ」でしたっけ? 大阪の人は太陽の塔なので馴染み深い?かもしれないですね。「明日への神話」は原爆をあらわしているそうです。

ジブリの時に見ましたが、スケールがでかかったです。僕は1週間に1回くらい東京都現代美術館にいます。中沢新一さん・・・・うーん?今度、ワークショップあるそうです。だれだっけなー?
常時、4月までやってます。
--------------------------------------------------
長い年月を経て2003年に奇跡的にメキシコで発見された《明日の神話》。その再発見を大きな契機として岡本太郎は社会的にも注目を集めています。太郎自身は1996年に亡くなっていますが、作品や著作を通して太郎の思想は今も生き続け、太郎を知らない世代にも鮮烈なメッセージを投げかけているようです。
 今回の講座は4人の講師を招き、美術史、修復、人類学など様々な角度から光をあてて太郎についてレクチャーしていただきます。太郎が目指した芸術とは何か、そして後世に残した足跡とは何か。
 現在当館に展示されている《明日の神話》が生まれた背景を掘り下げつつ、岡本太郎の21世紀における位置と役割を考察します。

2008年3月1日(土)「岡本太郎の神話と素顔」
           針生一郎(文芸・美術評論家/和光大学名誉教授)
2008年3月9日(日)「岡本太郎の中のメキシコ」
           仲野泰生(川崎市市民ミュージアム、元川崎市岡本太郎美術館学芸員)
2008年3月16日(日)「岡本太郎の技法と《明日の神話》の修復」
           吉村絵美留(絵画修復家)
2008年3月20日(祝)「日本のアヴァンギャルドとは何か」
           中沢新一(人類学者/多摩美術大学芸術人類学研究所所長)

●参加費 各回400円
●時 間 各回とも15:00~16:30 (14:30開場)
●会 場 東京都現代美術館 講堂
●定 員 200名(当日先着順)
参照:http://www.mot-art-museum.jp/kyoiku/
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。