南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2008年 04月 12日 (土)
テーマ : つぶやき - ジャンル : 福祉・ボランティア
多発する自転車事故!春の交通安全運動
被害者・加害者になってしまった!

桜の花も散り、新年度の春。春の交通安全運動がスタートしています。
交通事故になって困るのは被害者も加害者も同じです。事故はお互い精神的にも肉体的にも疲れるもので事故を起こしたくて(また事故に遭いたくて)生活しているわけではありません。事故は加害者にしろ被害者にしろ、保険会社的にもないほうが良いのです。

しかし先日、自転車の事故の被害者となってしまいました。
交差点で自転車対自転車の事故にあってしまいました。
自転車と自転車だから・・・といって軽視してはいけません。そのことを今回身をもって体験してしまいました・・・。
近年、自転車同士の衝突でも死亡事故も多発発生しています。自転車はエコブームや健康ブームから利用者も増えつつありますが一方でマナーの悪い運転者や危険な運転や整備不良が目立ちます。
神奈川県警の神奈川県内の自転車事故の実態、によると春のシーズンは自転車事故が増える傾向にあります。また、事故車は高校生や未成年がなんと3割を占めています。
自転車は免許もいらず、誰でも乗れる、手軽な乗り物の為、事故も自然と増えるようです。
神奈川県内の全事故と比べても自転車事故はほぼ横ばいです。時間帯は朝8~10時と夕方16時~20時の間が一番事故のおきやすい時間帯となります。帰宅の夕方時は特に、薄暗くなり灯火の必要も出てきます。(私も20時でした)無灯火と右側通行の自転車が多いので大変危険です!!(今回、身をもって被害者の立場からその危険を感じました)
また、自転車事故の起こる場所の7割が交差点での出会いがしらの事故です。可愛いお嬢さんになら、出会いたいかもしれませんが事故には出会いたくないものです。
神奈川県警によると神奈川県内では平成19年は、11,263件もの自転車事故が起きています。神奈川県だけで1日約30件の自転車事故が今日も起きています。

私の体験した自転車事故の場合を報告し、注意を呼びかけ警鐘を鳴らしたいと思います。
4月2日の夜20時、仕事の帰宅途中に比較的交通量の多い交差点で、左側車線を走行中、(私からみて左側から出てきた)自転車と出会いがしらに衝突されてしまいました。こちらは優先道路ですし、左側走行で自転車のライトもつけていました。
加害者側はというと、自転車で右側通行、止まれの標識があり、一時停止無視、無灯火でその上『音楽を聴いて』いた状態らしくノーブレーキで思いっきり私の自転車左側面に追突。
私は、その衝撃で交差点まで投げ出されてしまいました。自転車も2mほど飛ばされ損傷しました。もし、その投げ出された瞬間に車が走行してきていたら・・・と思うとゾクッとします。

私の自転車はロードレーサーというちょっと自転車の中では特殊で高級な?自転車です。競輪選手の乗っているような自転車といえばわかるでしょうか・・・。修理代もバカになりません。
幸い、お互い体に怪我はなく人身事故でなく物損事故で済みました。加害者側の申し出で「自転車同士の軽い事故なので警察への届出はやめて示談にして下さい」とのこと。
これが、そもそも間違いでした。自転車同士での事故も軽車両の事故として届け出る義務があります。法的に無灯火、一時停止無視、は自転車であっても許されません。
加害者側の言い分はブレーキが故障している、とのこと。整備不良も事故の原因ですので厳密には違反となります。(以下の罰金参照)

自転車同士の事故だから・・・といって軽くみてはいけません。
何度もいいますが全国では夜の、自転車同士による無灯火の正面衝突事故が急増しています。自転車事故ですと保険もおりにくく、軽視しがちです。そもそも自転車事故で保険がおりるのか?とさえ一瞬頭によぎります。しかも警察にまで・・・と思うでしょうが警察に事故証明書を発行してもらわないと保険もおりません。
また、私の場合ロード自転車で高い自転車なので物損事故でも修理費が4万5000円とかなりの損害でした。加害者側は自転車事故でその金額は払えないと事故後に揉めています。
ですので、事故は自転車対自転車であっても、まず第三者機関の警察を呼んで実況見分と調書を作成してもらいましょう。
事故で泣くのは加害者も被害者も同じなんだなぁ・・とつくづく実感。

加害者は家族の方に怒られ泣いていましたが・・・お互い体はなんともないのですが、私の自転車はハンドルが曲がり、テープは切れ、フレームにヒビがはいり、スポークは曲がり、ホイールもゆがんでいます。先日、新しいハンドルにして整備してもらったばかり・・春からの通勤が楽しみに思えた矢先の事故でした。トホホ・・・泣きたいのはこっちだよ、なんて思います。

お互い幸いに怪我もなく良かったですね~というのと、修理代ですが・・・というのは話が別です。人間お金が絡むと揉めるもので汚い本性も垣間見られます。
今回はお互い怪我もなかったですが、これが人身事故だったらどうなっていたことか。
事故後は自転車同士であれ、必ずすぐに警察を呼びましょう。

最後に自転車であれ、整備不良、一時不停止は非常に危険です。また最近でもっとも多いのは自転車なのに“右側通行”しているということから衝突事故が多発しているそうです。そして夜中の“無灯火”の走行は暗闇では非常に危険です。
背景として、これらの原因から自転車同士の正面衝突事故が多発しているといえます。
春は環境も変わり、自転車通学や自転車通勤の方も急増する時期です。
また参考までにですが、以下の夜中の無灯火や雨の日の傘差しも5万以下の罰金になるようです。でも、厳密に取り締まるお巡りさんは少ないですね。しかし、自転車といえど死亡事故が起こりかねません。
この春から軽車両の自覚を持って安全な運転と的確な判断をもって乗りましょう。
今一度、自転車のルールを再確認と事故への警鐘を鳴らしたい次第です。
それにしても、事故は心も体も、財布も痛いです。良いことはありません。トホホ・・・。

春の交通安全運動は15日まで。
★懲役3ヶ月以下または5万円以下の罰金
・信号機無視(手信号も含む)
・自転車通行止めを走行
・一時停止無視
・右側通行(危険回避など、やむをえない場合は除く)
・安全運転しなかった(人に危害を及ぼす運転)
・踏み切りで一時停止しなかった

★5万円以下の罰金
・夜間の無灯火走行
・不安定な乗り方「傘差し運転」など
・右折・左折・進路変更時に合図をしなかった

参考:神奈川県警/神奈川県内の自転車事故の実態
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesf0099.htm
参考:神奈川県警/自転車事故防止総合対策実施中
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesf0146.htm
参照:春の交通安全運動 警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/spring2008/spring2008.htm
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。