南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2008年 05月 10日 (土)
テーマ : つぶやき - ジャンル : 福祉・ボランティア
病んでいるのは社会か人か?

病むのも人であれば、また治すのも人である。
しかしながら、社会はいささか滑稽である。
社会は病んでいる。

それ自体は比喩である。
しかしながら、社会を作るべくのもまた人。
せわしなく街を行きかう人々は

はたして自身が病んでいるのだろうか。
また例えるのであれば病んだ社会の中で泳ぐような魚の群れであるのだろうか。
病気は医療によって治せるが、社会の腐敗はだれが治せるであろうか。
政治か人か。
金が人を変え、社会を病む流れとなっているのであればそれは遺憾の境地である。
人が病んでいるのか。
社会が病んでいるのか。

人が病んでいるのであれば、治す医療と技術があるが
社会というものを治す技術は政治なのであろう。

おかしいと感じながらも聖火リレーを遂行した日本。
そして10年ぶりの中国国家主席の来日。
中国は比喩するならば"世界的暴徒と化している"ように伺える。
日本は果たしてこれでいいのだろうか。
何かこの国の事態を見守らねばならぬと思う次第だ。
【南 瑠衣】
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。