南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2008年 05月 13日 (火)
テーマ : つぶやき - ジャンル : 福祉・ボランティア
◆母の日にカーネーションを贈る。というのは、ごくごく当たり前、当然のことのようにやっていますが、ではなぜ?母の日にカーネーションを贈るのか?

疑問に感じた人も少なくないのではないでしょう。母の日の起源(由来)をご存知ですか?何故、母の日にカーネーションを贈るのでしょうか?

2つの説があるようですが、ここ100年で作られた近代的なイベントなのです。
・この花は母性愛の象徴といわれ、その由来は、聖母マリアが十字架にかけられたキリストを見送った時に流した涙の後に生えた花であり母性の象徴とされている
・アンナ・ジャーヴィスによって1908年に母の好きな花であったカーネーションを捧げ、広まる
・近代的な商業ベースに乗せられ、感謝する気持ちが商業化へと拡大した(アンナ・ジャーヴィスは激怒し悲しみ、裁判を起こす)

つまり、バレンタインデーと同じくお花屋さんの陰謀説が一番正しいと思われますが、その裏には以上のようなお話があるようです。
抜粋参照:http://www.ochanoma.info/index.html

スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。