南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2008年 07月 09日 (水)
テーマ : 環境 - ジャンル : 福祉・ボランティア
for immediate release
7 JULY 2007

洞爺湖サミットの合意は気候変動を防止しない
日本は大きな機会を逃した

洞爺湖に集う首脳たちは、本日、北海道洞爺湖サミットにおける気候変動のテ キスト部分について合意した。

米国・ロシアの反対により全体合意ができなかった「2050年で半減」につい て、国連のプロセスに期待するとして、G8各国全体が合意を行ったことは、か ろうじて昨年のハイリゲンダムからの小さな進展である。

しかし、そもそも、再度G8で、長期の目標についてこれだけ多くの時間を割い て議題として合意しなくてはならなかったのか。

NGOだけではなく多くの国や国際機関が、より重要で緊急性の高い先進国の具 体的な中期目標の発表が、特に日本に対してG8前に必要だと繰り返し求めたに もかかわらず、福田首相は頑としてその要請を受け入れなかった。どころか、 緊急かつ深刻な気候変動の影響を最小限に抑えるために先進国は2020年に 25-40%の削減が必要であるという、最新の科学的知見が示す数字ではなく、 「実現可能性のある数字が必要」「できる可能性がある数字を述べる」などと 述べている。中期目標は、できる可能性がある数字ではなく、絶対にやらなく てはならない数字であり、果たせないとしたら、大きな自然環境の変化と経済 的損失と、多数の人々の生活や命に深刻な影響を及ぼす。

また、日本におけるエネルギー政策の失敗を反映し、気候変動政策の肝である エネルギー政策については、低炭素社会へ転換するためもっとも重要な自然エ ネルギーの大胆かつ具体的な促進の合意はなく、「長期的に化石燃料への依存 を減らす上での、重要な役割を認識する」という、とても弱い表現になってし まっている。

2050年には、G8に集う首脳たちはすでに首脳ではないし政治家でもないだろ う。ただし、もっとも損をしたのは、日本であり、福田首相は、気候変動を解 決する先鞭を果たし世界から評価され、日本の市民から歓迎される、という大 きな機会を失ったのだ。

まだG8は終了しておらず、明日は主要経済大国会合(MEM)が開催される。す でに大きな成果は期待できそうにないが、わたしたちは、サミットの終了まで 結果を見守ると共に、G8リーダーたちの最後の良心を期待している。
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 地球温暖化の責任を問うべきは「過去」なのか「未来なのか」-。北海道洞爺湖サミット最終日の9日に開かれた主要排出国会合(MEM)では、主要8カ国(G8)と、中国、インドなどの間で、温室効果ガスの排出削減をめぐって責任のなすりつけ合いとも映る場面がみられ...
2008/07/10(木) 00:23:45 | Newsブログ検索結果BLOG
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。