南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2008年 08月 12日 (火)
テーマ : つぶやき - ジャンル : 福祉・ボランティア
駅で新宿行きの特急電車を待っていると、対面のホームに電車が入るというアナウンスが流れた。

ホームのベンチに腰を降ろして座って対面のホームを眺めていた。
ふらふらと、女性がホームの端へ歩いてゆく。

次の瞬間、
大きな電車のブレーキ音に加えて悲鳴と驚嘆の声が挙がった。
『キャー!!』『飛び込んだわ…』『女性らしいぞ!!』『自殺だ…!!』『緊急連絡!!緊急連絡!!』『若い女性らしき人が負傷、救護願います』『うわー俺、見ちゃった』『何ナニ?!死んでるの?』『うわ、最悪。』『血が吹き出してるぞ!!』
『早く!!』『救急車ーぁ!!』『停止、電車停止ー!!』『飛び込み?』『うわ、何あれ…キモッ』『電車遅れるじゃん?』『もう死んでる』

辺りは、一瞬にして惨劇へと変わっていた。どうやら向こう側、対面のホームに入ってきた特急の通過電車に女性が飛び込んだらしい。

辺りのホームには血が溢れていた。線路内には人間一人分の血液がほとんど出てしまっていた。女性は電車の車体に体を巻き込まれ苦しさでか、死を目の前にしてか、大きな唸り声を挙げていた。
『ウッ…ウ~ウゥ~ウゥ…!!』

ホームにその小さな絶望した擦れた声が響く。
隣にいた女性が唇を震わせて「そんな声、聞きたくない!!」と身を震わせて耳をふさいだ。そんな声も少し経つと聞こえなくなった。
もう半分死んでるのかも知れない。女性の体は引き裂かれ、目を見開いたままである。その眼には、何を見つめていたのであろう。世の中の絶望であろうか。

じっと、飛び込んだ瞬間から作業の終わる間、対面ホームをベンチに座りながら眺めていた。すぐさま、手際良く青いビニールシートがかけられ覆われる。しかし、女性の体の一部はあちこちに散乱している。

まさに惨劇である。

しかし、一時間も経つとそんな混乱も落ち着きを取り戻した。また、いつもの駅のホームの景色が流れる。アナウンスでは一言『人身事故の為、ダイヤが乱れております』とだけ放送された。

血が吹き出して溢れていた線路内には水が撒かれ、またいつもの日常の風景が「造られて」いた。

翌日の新聞には小さい文字で一文「新宿行き特急電車に女性飛び込み、通勤客らの足に5万人へ影響。」とだけ書かれていた。

あの女性は何を見て、何を思って死んでいく事を選んだのであろう?そんな考えこそ、甚だ検討違いなのではあるが。

今日もまた、僕は造られた日常の景色の中で生活をしている。

みなみ
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。