南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2008年 09月 08日 (月)
六ヶ所再処理工場に異議あり!ー口頭意見陳述会報告・交流集会ー

六ヶ所再処理工場についての国の許可処分に対する「意見陳述会」のあと、夜18:30から「口頭意見陳述会報告・交流集会」を開催いたします。"再処理工場止めたい!"参加者の皆さまとゲストのフリートークの予定です。青森の豊かな自然、蒼い海を守りたいみなさん、奮ってご参加ください。

日  時:9月10日(水) 18:30~21:00
場  所:総評会館501会議室(JRお茶の水、地下鉄新御茶ノ水、小川町下車)
資料代:¥500
主  催:核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団
後 援:原子力資料情報室 ・ 原水禁

お話(予定):
木下デヴィッド(プロサーファー)
水口憲哉(東京海洋大学名誉教授)
山内雅一(ピースランド)
山田清彦(核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団)
浅石紘爾(核燃サイクル阻止一万人訴訟原告団)
核燃サイクル阻止一万人訴訟弁護団

司会:澤井正子(原子力資料情報室)

◆六ヶ所再処理工場の国の許可手続きは、最初に事業指定申請という手続きが行われ、施設の基本設計が審査されます。これは工場のおおまかな概要を審査するもので、1989年3月に日本原燃から申請が出され、1992年12月に許可されています。この許可に対する異議申立が行われましたが却下され、住民側は訴訟を起し、現在青森で裁判が続いています。
(日本原燃:事業指定申請書及び事業許可申請書の概要)
http://www.jnfl.co.jp/public_archive/1-1.html
 
◆国の事業許可の後、さらに施設の詳細な設計や工事の方法についての審査が行われます。これが「設工認」と呼ばれるもので、六ヶ所再処理工場では、全体で9回の設工認申請がおこなわれています。今回の異議申立は、「設工認」第2回、第3回の認可についての異議申し立てです。
(日本原燃:再処理施設設計及び工事の方法に関する申請の概要)
http://www.jnfl.co.jp/public_archive/2-1.html

◆国はこの「申し立て」の審議を長年放置してきました、今回1993年から98年にかけて行われた「申し立て」について、申立人から意見を聞く「口頭意見陳述会」が開催されます。
傍聴申込は下記参照
http://www.cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=689
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。