南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2008年 09月 11日 (木)
親父の背中を見ながら、南島を歩いた。親父が昔話を話しながらその後をゆく。
minamijima2
昔は南島の扇池の穴のことをシンキチ穴と呼んでいた。シンキチさんという当時、疫病にかかって島流しになった方が南島に小屋を建てて住んでいたそうだ。その歴史をしるのも欧米系の住民の4代目、5代目だろう。
minamijima
僕の記憶にある南島はまだ、規制もなく赤土がむき出しでサメ池まで赤土が流れていたのを覚えている。サメがいるので怖いというイメージしかなかったが、ネムリブカは人は襲わない。そんなこと当時、小学生のイメージにはジョーズ=サメという図式しかなく怖かった。

親父の足跡。
その歩いた足跡の上を僕も歩いた。親父の足跡の上を歩いくのは横を歩くより楽だったからだ。その時、僕は親父の歩いてきたた世代と僕の歩く世代の繋がりを感じた。
george3george4
親父の歩いた跡を歩くのは簡単だろう。
だけど、僕は僕にしか歩けない道もあるだろう。自分の道を歩いてゆくのはきついし大変だ。
rui_george
こうやって親父の後をついて歩いてゆくのは何年ぶりだろう。親子の世代と親父の道を歩いてきた強さと凄さに少し感動するものがあった。
2008年8月 南島にて
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。