南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2008年 10月 03日 (金)
小笠原の漂着ゴミの現状について
oga_gomi1oga_gomi2oga_gomi3
 小笠原諸島の父島の漂着ゴミの現状について書こうと思う。そもそも、小笠原の海岸には台風の後、漂着ゴミが打ち上げられる。そのゴミの中で目立つのが中国や韓国の文字で書かれたゴミだ。太平洋の真ん中の海洋島である小笠原諸島に、遠く中国や韓国から出されたプラスチックゴミが多く漂着している。そもそも、漂着ゴミはほぼプラスチック製品や石油製品である。幸いなことに小笠原の海岸には人為的に捨てたれたゴミは少なかった。

中でも漂着ゴミが一番打ち上がっていて、酷かった海岸が洲崎や焼き場海岸だ。サーフポイントでもあるし、潮流の関係で漂着ゴミの多くがこの海岸に打ち上げられるのだろう。
漂着ゴミの中で多いのが『ブイ』である。現在、ガラスで作られていた昔のブイは拾うと、その大きさや珍しさから置物に重宝されるが、プラスチックの漁業用のブイはそのままである。島の独特のゴミであるだろう。ブイは非常に多く漂着していた。

 では、誰がゴミを拾うのか?処分はどこがやっているのか?拾ったゴミは島内ではどうすればいいのだろうか?どのような区分に内訳けされるのだろうか?一般廃棄物として処分するのだろうか?
ゴミは基本的に拾われた跡がなかった。それは、焼き場海岸であるが富士山の樹海のように酷かった。手付かずの自然の中の漂着ゴミ、といっていい。ゴミの上にまた、漂着ゴミが打ち上げられ、その上に葉っぱが被さり、ゴミの多くを自然が覆ってしまっていた。こうなると富士山の樹海のゴミと同じで、掘ってもゴミが出てくる。困ったことに漂着ゴミの多くはプラスチック製品のため、分解されず、土に返らない。
上記でゴミが拾われた跡がなかった、と述べたが大村海岸(前浜)や製氷海岸では、海岸清掃も定期的ではないがゴミを拾っている。そのため、大村海岸は大変、綺麗で漂着ゴミも少ない。しかし、レジンペレットは多く見つけられた。

ゴミは誰が拾っているのか?それはゴミ自体がまず、船で行かないと拾えないような場所に漂着していることで拾う団体や人間が少ないのだ。このご時勢、ガソリン代も高くなっていて、無償でゴミを拾うために船を出す方がいるだろうか?
聞いてみると、昔は海に出てもゴミを拾ってくる人間がいなかったが、現在は島の若い人間がかなり、海へ出た『ついで』にゴミを拾って持って帰ってくるのだという。釣りを楽しんで、その『ついで』に近くの浜に船をつけて、ゴミが目立つようなら漂着ゴミを拾って父島まで持ち帰ってくるそうだ。これは、ボランティアというよりも地元を愛する為の当たり前のことだという。[続く→]

2008年8月 小笠原にて
みなみ
-------------------------------------------
■タイトル:『東京Subtropical Zone』■
小笠原諸島返還四十周年記念企画写真展 概要
公式HP:http://island.geocities.jp/ogasawara_photo_40/index.html
携帯サイト:http://k1.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/ruiiru/
■開催場所: 東京港区赤坂(六本木) 東京ミッドタウン
富士フイルムスクエア内(富士フイルムホールディングス本社)
『富士フイルムフォトサロン東京』
■日時:10月10日(金)~16日(木)10:00~20:00
■特別開催:10月11日(土)17:00~18:00「野口健環境学校:卒業生同窓報告会」

写真展『東京Subtropical Zones』
◆side A「小笠原Landscape~RGB 原色の世界~」(写真家:大塚光紀)
◆side B「鯨飛沫[くじらしぶき]」(写真家:岡野哲也)
◆野口健環境学校:活動展示「小笠原の海とゴミと自然とアナタ♪」(南瑠衣)
◆東京農業大学活動展示「外
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
フラワー
2008/11/19(水) 13:05:27 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。