南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2007年 08月 13日 (月)
しゃぁーーーぁぁぁぁぁあああ!!!!!!登ってきたぞ、富士山3776m。正直かなりしんどかった・・。死ぬかと思ったけどその度に「明日はサマソニ」の言葉しか浮かびません。サマソニで、君と会いたいんだ。会うべく人がたくさんいるんだよ!!富士山なんかで氏ねっか!
・・・っていうか、俺アヴィリルと同じ空気吸っていいの?いいの??吸っちゃうゾー。笑
富士山は1度、大学生か高校の時に余裕で登って降りてきた覚えがあった。今回は母がどうしても、人生に1度だけ富士山を登りたいが1人だと不安だというので、ツアーでガイドさんに頼み登ってきました。25名いて、山頂に登れたのは13人。
やっぱ高山病がキツイ。気持ち悪いのと、眠いのと頭がガンガン痛い。。『そんな症状が出たら即その人は下山指示します。』とガイドさんのカメさんがいうのでたまったもんじゃない。カメさんは丸山弁護士に似てる、すごいベテランのガイドさんで普段はサラリーマンだけど夏の間は富士山ガイドをしてるそう。カメさんによれば今日のご来光は大変綺麗で今年の中でも2番目くらいに綺麗なラッキーな日だったそうです。
fuji0810fuji0810_2fuji0810_3
富士山から夜景を望む/f富士山ご来光/ご来光を眺める人々
母は全然余裕だったようで、もともと登山好きもあって高山病もなく余裕で登頂でき、ガイドさんのペース配分のおかげで行きも帰りも大丈夫でした。しかし!実は俺が高山病だった・・。 気持ち悪いし、眠いし頭がガンガンしてハンパない。 しかし、そんな素振りを見せようもんなら下山させられてしまう。だから、僕は騙し騙し元気なように見せ、隠れてゲロを吐きながら登った。(まぁ、途中で慣れた)←ちなみに健さんも、同じことやってたらしいw負けん気の強さは、お互い似てるところがあるみたい 笑

昨日の昼くらいからのぼり始めて、山小屋で仮眠して夜中9時出発で山頂を目指した。母は強かった・・。(俺、いなくてもいいじゃん!)まぁそんなこんなで、母の夢が叶えられ良かったです。でも、もう富士山はいいです。しかし、たかが、3776m。野口の健さんは8848mを登る・・・・!!半分以下でこんな調子なのに、健さんはどうゆう体の構造してるんだ?! 登山中はというと、文句を一人ごととして発してました。「なんで3776mもあるんだバカ野郎」とか「ふざけんな、日本」とか「観光地化した世界で一番安全な山だ」とか言ってボヤいてたくせに山頂にくると、やっぱ日本人は富士山だよなーとか、マウント富士最高。とか言ってました。しかし、下山となるとのぼりよりキツく、ひざがワハハと笑ってましたよ。ガクガクでどーにもできません。でも、下界では明日サマソニが待っている!、綺麗なおねさんたちが下山道で声援を送ってくれねーかなとか煩悩ばかりでした。
富士登山は昔、山岳信仰として今もなお、その歴史や習慣が残っています。魔よけともされる、鈴を金剛杖にまいて登るオトはなんだか一歩一歩歩むうちに、一音一音が神聖な邪気や煩悩をはらい身を清める感じがしました。8合目以上は神聖な場所とされていて山梨・静岡の土地でもありません。

って、ことで明日はサマソニ07!!!!!うひょー!!
足がガクガクだ・・・明日起きれるかな。。氏ぬかもwつくづく、野口健さんの8848mの世界はどんだけって感じでした。下山道で東大が世界遺産に関するアンケートを実施していたりと今後、いろいろと注目されそうですね。
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。