南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2008年 10月 04日 (土)
【ワンライフ・プロジェクト朗読会 東京・中野ZEROにて開催】
1life1life02
チュイース!!小笠原環境メッセンジャーの南瑠衣です。今回、「ワンライフプロジェクト~たったひとつの命だから~」の東京朗読会に参加させて頂いたので当日の様子をご報告したいと思います。2008年10月4日(土)東京都中野区中野ZEROホールにて、東京では2年目となる朗読会が行われました。当日の天気は快晴で、気持ちのいい1日でした。九州では多くの方々に認知されつつあるワンライフプロジェクトですが、東京や関東ではほとんど知られていません。西尾譽佳ちゃんは神奈川県の横浜出身であり、こんなにも素晴らしい内容の朗読会が東京で認知度が低いのはもったいない!と感じていました。
東京中野ZEROホールでは昨年に引き続き、2年目となる朗読会開催となりました。今回は、急遽スタッフとして参加させて頂いた初の朗読会でした。東京でワンライフプロジェクトの朗読会が生で聴けるなんて!と個人的にはかなり嬉しいお知らせでした。

中野ZEROホール入り口では、地湧社さんが新しく作って下さってやっと出来上がった「ワンライフプロジェクト~たったひとつの命だから~第3巻」が山積みにされていました。第1巻からの事を想うと、よくぞここまで・・と思いをはせているとその横には、見慣れた顔の荒川祐二君がいるではないですか。なんと今日は朗読会で「書き下ろし」も行うそうでちゃっかり準備をしていました。そもそも荒川君と僕は、ゴミ拾いで出会いました。僕は富士山や湘南海岸のゴミを拾っているのですが、彼は一人で新宿駅のゴミ拾いをするという変わった人間です。その変わった人間がゴミ拾いを通して、いろいろな人との素敵な出会いがあって魅力ある人間へと成長する過程を彼が体験したことを今回の東京の朗読会でも朗読の合間に講演してくれ、会場の皆さんがその体験に耳を傾けていました。

初の朗読会は、舞台の袖で拝見させて頂くという貴重な体験でした。朗読会の合間には素敵な合唱もあって、まさに芸術の秋!を感じました。一番印象に残ったのは、ピアノの音にあわせた岩坂さんの朗読で来場者の方が会場ですすり泣く声が聞こえてきたことです。気がつけば、多くのすすり泣く声が聞こえ自分も舞台の袖で(スタッフですので)ここで泣いたら駄目だ!と泣くのをこらえながら朗読に聞き入ってしまいました。CDでは何度も聴いたことのある朗読ですが、会場での生の朗読は断然に違いました。臨場感にあふれ、感情が伝わりやすく簡単に言えば、アーティストの曲をCDで聴く音楽とLIVEの演奏を目の前で聴く様な違いの衝撃でした。ひとつひとつの言葉が、詩が読まれるたびに会場に西尾譽佳ちゃんの想いや命の温かさや大切さが広がって伝わるようでした。
舞台関係のスタッフはよくやらせて頂く機会が多いのですが、他のイベント比べてワンライフプロジェクトの東京朗読会の舞台裏は、とっても落ち着いた流れで大変驚きました。普通はもっとバタバタしていて、物販だの音響だの流れの確認やリハーサルで世話しないものですがさすがは福岡で場数を踏んでいる精鋭のフタッフメンバーです。各自の持ち場を淡々とこなしながら、なんとも余裕のある堂々とした面持ちでした。しかし、それには理由があると思いました。それは、伝えたい事がはっきりと明確にされているからだと思います。“西尾譽佳ちゃんのワンライフプロジェクト~たったひとつの命だから~を伝えきる事”を全面に出してスタッフ一丸となっていて、その思いは皆が1つでした。
だからこそ、東京朗読会でも素晴らしい内容で来場者に感動や命の尊さを伝えることが出来たのだと感じました。残念ながら会場の人数は満席までとはいきませんでしたが、これだけの素晴らしい朗読会の内容でしたらあとはもう時間の問題でしょう!とはいえ、この朗読会の本質をここまで伝えきることは容易ではなかったと感じました。東京での朗読会の開催がこれからますます増えて多くの方に伝わればと思います。
最近、面白い事がないという人が多いですが、だったら自分が荒川君の様に面白い事をすればいい。自分からアクションを起こさないと願いは叶いません。最近、感動したことがないという人は生きているという実感を味わえばいい。生きるのが辛いとか死にたくなったらまず、この想いの詰まった本を読むことから始めればいいと思います。
 今回は東京にて朗読会を開催ということで若さとパワーのあふれる高校生スタッフのメンバーにはお会いすることが出来ませんでしたが、次回はどこかで会える事を期待しています。そして、この2年目の東京開催をまた1つきっかけとして次回のステップに繋げられるように出来ればいいなと感じました。今回の東京での朗読会にご来場して頂いた方はもちろん、開催して下さったワンライフプロジェクトの皆さん、並びに関係者の方々、高校生スタッフの皆さん、携わって頂いたすべての人に感謝致します。【南瑠衣】
参照:http://www.onelife-eika.jp/onelife/past/081004.html
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。