南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2009年 01月 22日 (木)
テーマ : 環境 - ジャンル : 福祉・ボランティア
【小笠原諸島:欧米系人の子孫について】

僕は、小笠原諸島 欧米系 人種の6代目にあたる。
現在の小笠原諸島の人口約1500人のうち、欧米系は1割弱である。
父までの代(5代目)までは、小笠原の欧米系の歴史を語る人も多かったが、僕の世代にきて欧米系の血が薄れ、歴史すらも薄れてゆくのではないかと不安になる。

先祖:ナサニエル・セボレーから各、欧米系ウィルソン家・ウェブ家・ゴンザレス家・ゲレー家などに別れるが、元を辿ると全て欧米系は親戚関係にあり、その血のつながりは今も継がれている。
僕はといえば、セボレー・エミリー祖祖母とゲレー・グローバーの曽祖父を持つ。グローバーの兄弟で、ノーマンの家系にも分かれる。

つまり、セーボレー系の血筋も入っており、欧米系は皆、親戚であるようなものだ。初代:海賊であった、ウィリアム・ペン・ゲレーはイギリスのウィリアム家の血筋ではないかと想像される。当時、イギリスから無人島へとやってきて、子孫を残し、イギリスにて喧嘩で死んだというなんとも海賊らしく血沸き盛んなご先祖であったことだろう。

そんな海賊たちの残した子孫が現在、東京都の小笠原諸島父島におよそ100名ほどではあるが、残っており、すでに欧米系の歴史を知る人物は3代目~5代目までとなっている。しかし、島の中では悪漢:ロベじい(セボレー・アルバート)など当時の人物を語り継ぐ島だ。是非、海賊の生きた島へ機会があれば漫画:「ワンピース」の尾田栄一郎氏を案内したいと思う。【南瑠衣】
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
瑠衣さん、はじめまして。
ちえみと申します。父島でぐぐってこのブログを見つけました。
私は韓国系の日本人ですが今はアメリカに住んでいます。
自分のルーツは気になるところですが
何代も前の人の事はわかりません。
私のひいおじちゃんやおばあちゃんはどんな人だったのかな?
父島の欧米系の方達は英語もできるとどこかで読んだ事があります。
日本なのに英語も通じるのかな?
いつか父島に行ってみたいです。
2009/02/15(日) 02:19:39 | URL | ちえみ #4B33lOYw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。