南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2009年 02月 17日 (火)
テーマ : 環境 - ジャンル : 福祉・ボランティア
ところで、青森県六ヶ所村のわかめってまだ食べられるんですか?

青森県六ヶ所村を舞台にした男女の物語。
ポレポレ東中野で公開中だそうです。オススメだそう。

僕は、最近ふと思う。
青森県六ヶ所村の海産物ってまだ食べられるのかな?
そんなことを言うと風評被害がでるだろう、と怒られるかもしれない。だが、安心して食べられないものは食べられない、安心して食べられるものは食べられるとはっきりと、言うべきだと思う。仮に、安心して食べられないなら何故、食べられないのかを説明すべきである。この国のせいで食べられないのか、その安全が脅かされているのか、何故なのかを。

何故かといえば、簡単に言えば東京の僕らが電気を使うからだろう。

僕らの生活は地方の犠牲に成り立っているといっても過言ではない。まだ、お魚食べても平気なのか?まだその土地に住めるのか?

はっきりと言うべき時だと思う。

この国がいらない原発をたくさん造って、あるだけでお金になるようなまさにお金を生む工場があるとしたらやっぱりお金という価値観で生きる人間は欲しいだろう。

だが、安心や安全は金で買えない。
放射能は漏れ、その影響がないとされているが本当はどうなのか?
地震プレートの上に出来た原発施設。不謹慎な言い方かもしれないが大きな地震でもくればやっと、目が覚めるのだろうか。

ただ、青森県のりんごは、まだ美味い。

ただ、正直わかめや海産物を食えと言われたら食えないかもしれない。非常に矛盾しているが僕自身の自業自得なのか、国自身の自業自得なのかその辺はよくわからない。【南るい】
参照:http://teamjudas.lomo.jp/
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
初めまして。
ちょっと、驚いてしまいました。

>青森県六ヶ所村の海産物ってまだ食べられるのかな?

一体いつ、食べられない海産物が見つかったのでしょう?

>安心して食べられるものは食べられるとはっきりと、言うべきだと思う。

何か事件があり安全宣言しなければならないならばいざ知らず、
何も起きていないのに、「安心して食べられる」などと
なぜ「はっきりと」言う必要があるでしょう?

「安心して食べられない」などと、誰から聞かれたのですか?
なぜ、無条件に信じ込まれたのですか?

全ての人が同様にそう信じたら大規模な「風評被害」を生んだでしょうが、
三陸の魚を販売するスーパーも、マスメディアも、特に問題視していません。
きちんとデータを見れば,誰でも問題なしと判断できるからではないでしょうか。

推進派ではない方の、わかりやすいブログをひとつご紹介させていただきます。
こちらの記事↓
http://preudhomme.blog108.fc2.com/blog-entry-30.html
また、ブログ内を「放射線」で検索していただくと引っかかる記事に、
「六ヶ所近辺の環境に与える影響は自然変動レベル以下」ということが
具体的な計算から詳しく解説されています。

もしお時間がおありでしたら、ご一読いただき、
ご感想をうかがえましたら幸いに存じます。

たいへん失礼をいたしました。
2009/02/18(水) 10:49:44 | URL | jcf #MkSG96Cg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。