南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2009年 05月 22日 (金)
なんと!!江ノ島から大島まで直通船が出るとのこと。藤沢市江ノ島から35年ぶり、伊豆大島へ船運航再開!!すごいですね。藤沢ですが、江ノ島から大島まで直通船がでるなんて、夢のようです。

ゴミヒロイをして、大島に行く・・・なんてこともできますね。どうせなら、定期的に江ノ島から大島まで直通で船で、いけるようになればとても便利だと思います。【南瑠衣】
<神奈川県藤沢市>35年ぶり、伊豆大島へ船運航再開 漁協は事故懸念

神奈川県藤沢市と市観光協会は、35年ぶりに伊豆大島への客船運航を再開する。高速ジェット船(281トン)=で江の島から片道約1時間で結び、日帰りツアーを年3回企画する。新たな観光資源にする狙いだが、地元の市漁協(葉山一郎組合長)は8日、市に対しシラス漁者との事故防止策を求めた。

 市観光課によると、ツアーは東海汽船(東京都港区)所有の高速ジェット船を借り上げて実施。海老根靖典市長は「東海汽船の自主運航につながるよう育てたい」とPRしている。江の島-伊豆大島間は、同社が65年に運航開始。最盛期の67年には年間約16万人が乗船したが、徐々に利用者が減少し、74年に休止した。

 市漁協は8日、「シラス漁約80業者との間で事故が生じる危険がある」として、市に漁業の実態把握や事故防止策の協議を求めた。市は14日に協議の場を設ける予定。

 再開第1弾は6月26日で、珍しい三原山裏砂漠とあじさい観賞▽小説「伊豆の踊り子」で知られる波浮港と5万点を集めた貝の博物館見学▽「御神火様」と呼ばれる三原山(標高764メートル)登山--の3コース。午前9時に湘南港を出発し、午後4時半に帰港予定。

 料金は各コースとも大人1万4800円、小学生以下8800円(昼食代込み)。定員200人。申し込みは11日から。問い合わせ先は同社予約センター(03・5472・9999)。【永尾洋史】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090509-00000047-maiall-soci
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。