南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2008年 06月 11日 (水)
秋葉原連続ぶっ殺し通り魔殺傷事件の現場にて

朝、電話が鳴った。

「秋葉原、行って書いてくれるか?」
み「・・・アノ事件ですか?」
「そう。よろしく頼む。」

ということで、秋葉原の現場へ向かった。
くしくもそこの現場は僕が、5月4日に小池百合子大臣とお会いして、帰りに立ち寄ったマックの目の前だった。

現場へ到着する。
もう連日の報道にご存知の方も多いだろう。先週日曜に秋葉原で7人が殺された。未だ凄惨な現場だった・・・。

献花台には、泣きじゃくる人。
呆然と立ち尽くし、動けない人。

その反面、マスコミの画を撮りたいのはわかるがその言動にムカついた。号泣する人が献花台に立てば、各社、争うように囲み取材。
「どういったご関係だったんですか?」「今のお気持ちは?」「どちらからいらしたのですか?」と怒涛のごとく質問を浴びせる。

お線香の一本でもあげらんねーのかね。マスコミ報道陣のクソどもは。

それより、隣でリポーターが「これで四川地震はもう書かなくていいですね」とか「もっと泣いている人いないですかね」配慮のない言葉の数々に胸糞悪くなる。

遺族の方や、同級生や知り合いが1分おきに献花台で泣きじゃくっていた。つい、一昨日の話だ。
しかも、自分がこの前マックを買った店の前でぶっ殺された。

マスコミ報道陣は、カメラを構え、ペンを走らせ、目が輝いていた。

なんか、俺と同い年の奴がね。こうゆうことすんのね。
この事件を心の闇だの、心が寂しいだの言っている奴は現場に言ってこい!!!そんなのがバカらしく思えるほど悲惨で悲しい現場だった。

号泣して、立ち上がれずずっと泣いている仲間もいた。
被害者が好きだったフルートを届けに泣きながら来た子もいた。

でも、言っておく。
俺も犯人の気持ちは理解できる。
たしかに狂気の沙汰ではある。殺人事件で何人もぶっ殺すことをなんとも思っちゃいないほど追い詰められている状況。
俺も渋谷のスクランブル交差点とかで自爆テロしたいとか思うもんね。

何故か。
それは、僕らは『榊原世代』といわれる、パソコンやネット、ゲームの普及してきた世代だからだ。先日、茨城8人殺傷(2008年3月23日)があったばかりだ。彼も24歳だった。

こころの病とか、心の闇だとか、そういったものではないと同世代の奥は感じる。同い年の同じような体験や発想をする人間にしかわからない感覚だと思う。

しかし、マスコミは仕事といえど配慮しろよ。
一般人を囲み取材。群がるハイエナ。
泣き崩れる子を見て、一斉に集まる。

そんな現場を見てなんだかな、、と思った。
お線香をあげた。
オマエら、一生懸命生きてたか?
悔いはないか?
やりたいことはないか?
人間いつ死ぬかわからねーだろ?
だから、俺はオマエらの分まで生きて楽しんでやるからな。

これから原稿を書かなきゃいけなけど。
凄惨な現場を今日もまたいつもどおりに何事もないように歩いてゆく人がたくさんいた。

教訓は生かされないだろう。
これは世代の人間の本質の問題だ。

まだまだこういった事件は増えると思う。自分はその側の人間の気持ちもわかるから。だから、それは確実にいえる。

【魅 奈美】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2008 Minami-Rui All Rights Reserved.
*写真等の無断掲載を禁じます

mixi日記キーワードランキング(06月09日付)
1位 通り魔
http://mixi.jp/keyword_ranking.pl?year=2008&month=06&day=09
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。