南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2009年 07月 23日 (木)
テーマ : 環境 - ジャンル : 福祉・ボランティア
【宇宙の芸術、流動的なエネルギー】

今日、宇宙を見上げた人は何人いただろうか。人というモノはこれだけ地球に住んでいながらにして外(宇宙)の事には無関心だ。

しかし、今日は人類がまだ未発達な時代に天変地位と怖れたのものも頷ける。人間がどれだけこの地球に生き、宇宙の創造的なエネルギーと流動する爆発的なパワーを感じられた一日だった。

これは太陽は月の400倍の大きさだが、距離も400倍ある為に地球では同じ大きさに重なって見える。この様な宇宙の芸術ともいえる現象は宇宙広しといえど地球にしかないものだそうだ。

光と陰が一つになる瞬間。
辺りは闇に包まれ、神秘的とも幻想的ともいえる空間になる。その神秘的な瞬間は、古来の地球の住人も昼間と夜が逆転し、光が消え太陽が黒くなる事を怖れた。

宇宙の存在と自分たちのつながりを知る事の出来る一日だった。
【南瑠衣】
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。