南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog]
このblogは小笠原環境メッセンジャー@南 瑠衣が自分なりの視点で環境問題を伝える日記です。 清掃活動や環境イベントなどの様子を、随時報告します。
--年 --月 --日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
2009年 08月 20日 (木)
テーマ : 心に残る言葉 - ジャンル : 福祉・ボランティア
【終戦記念日 忘れられゆく経験】

8月6日。
8月9日。
8月15日。

8月になると胸糞悪い。
自分と同じほどの年齢の青年が、お国の為にと戦って、犠牲の上に成りたっている現在のはきちがえた自由と平和。
極論から言えば、今の若者には戦争の厳しさなんてわかりゃしない。いいや、体験させないことこそ、教訓なのだ。国を挙げて、米兵と戦いナチス・ドイツのヒットラーと手を組み、憎しみと憎悪による復讐に次ぐ復讐が繰り替えさえられた、と記憶している。

今日の日のことはまたあえてゆっくり消化してから書きたい。
この日のために色々な人に話しを聞いてきた。
戦争は人というものを狂わせる。誰にでもその可能性があるのが人間。

たぶん、僕の次の世代になったらまた戦争を繰り返すかもしれない。
人間は愚かだから。
僕の世代は、忘れゆく戦争の体験を継承して伝えてゆくことだ。
あと20年もすれば戦争を体験した世代は亡くなる。

日本は近代、自由にやりすぎたのかもしれない。
現に若者が馬鹿と化して自由を履き違えている。
多くの犠牲にあった方、今もなお続く戦い、今も苦しんでいる体験者の方、敵国の兵隊さん、戦争を体験した全ての方へ恒久平和をお祈り致します。嗚呼、忘れられゆく64年という前。月日が流れる間に我々は、学ぶことが出来ているのだろうか?【南瑠衣】
スポンサーサイト
ranking baner にほんブログ村 環境ブログへ CoRichブログランキング ブログ王 イザ!ブックマーク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 南 瑠衣@小笠原環境メッセンジャー[ルイいる?blog] all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。